リフォーム リノベーション 違い

リフォームとリノベーションの具体的な違いとは何なのか

リフォームとリノベーションの具体的な違いとは何なのか

 

リフォームとリノベーションを検討している人は、2つの違いについて疑問を抱くでしょう。ここでは間違いやすいリフォームとリノベーションの違いについてお伝えします。

 

 

リフォームとは長年住んでいて老朽化した住宅や、中古住宅を新築の状態に戻す改修作業のことを指します。マンションやアパートの場合は、退居後にその入居者が住む前の状態に戻すことを指すこともあるため、原状回復とも言われたりするでしょう。

 

 

またリフォームは悪い状態を改良するという意味があり、基本的には汚れていたり壊れている箇所を直す、キレイにするという目的があるのです。

 

 

工事範囲に関しては、屋根の塗り替えやクロスの張り替えなどの気軽に行えるものを指す場合もあれば、一度骨組みの状態まで戻してから住宅を作り直す大掛かりな工事を指すこともあります。

 

 

そのため工事の程度による線引きは曖昧なようです。リフォームの特徴としては、住まいの資産価値を増やすことなく、元の状態に復元するというところになります。

 

 

業者によってリフォーム範囲は異なるため一概には言えませんが、基本的にはこのように捉えておけば問題ありません。また震災の多い日本では、耐震強度補強などもリフォーム案件に含まれています。

 

リフォームとリノベーションの具体的な違いとは何なのか

 

一方でリノベーションとは、既存の住宅に大規模な工事をすることで、新築以上に使いやすく便利なものにすることです。

 

 

言葉としては改新や修復を意味し、マイナスな状態住宅を新築同様に戻すリフォームに対し、リノベーションは新たな機能や価値を向上させることが目的になります。

 

 

例えば中古住宅をデザイン性の高いものにしたり、間取りや内外装などを変更することがこれに含まれるでしょう。他にも水道管や換気設備を入れ替えることなども含まれるように、リフォームと比べてリノベーションは大規模な工事になります。

 

 

考え方としては、リフォームの場合は住まいの間取りなどは変更せず、今ある形を保ちながら機能を新築同様に復元させるというものです。

 

 

リノベーションの場合は、家族が増えたため住まいを増築したり、仕切りの壁をなくしてリビングダイニングキッチンへ間取りを変更し、性能を向上させるものになります。

 

 

このようにリフォームとリノベーションは、工事規模や住まいの性能をどのように変えるかという違いがあるようです。住まいに対してどのような工事をしたいのかで、リフォームとリノベーションのどちらを選ぶかが決まります。

 

 

リフォームとリノベーションの違いは、工事の規模やどのレベルまで性能を向上させるかという点です。住宅をより住みやすくしたいと考えている人は、上記を参考にしてみてください。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ