外壁 リフォーム

リフォームやリノベーションを行うために使えるローンの種類

リフォームやリノベーションを行うために使えるローンの種類

 

リフォームやリノベーションをしたいけれど、資金が足りない。そんな時に利用したいのがローン制度です。リフォームやリノベーションを行う時に使えるローンには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

リフォームやリノベーションをする時、一括で支払えるのであれば悩む必要はありませんが、大規模な改修工事の場合の費用はかなり高額になるため、頭を抱える人もいるでしょう。

 

 

しかし大きな買い物だからこそ、理想を現実にしたいと思うものです。見積もりを取った時に資金が不足していた場合、ローンを利用するという方法があります。

 

 

そのうちの1つにリフォームローンというものがあり、これはリフォームを行うことを目的としたローンです。リフォームローンは住宅ローンと比較して、限度額が低く50〜100万円程度ですが、ほとんどが無担保で審査も通りやすくなっています。

 

 

さらに金利は住宅ローンと同じくらいに設けられている金融機関が多く、低利息で借り入れられるのも良いところです。金利のタイプについては固定金利と変動金利から選べ、最近はその中間のものも用意されているようです。

 

 

一般的な住宅ローンと比べ借り入れ限度額が少ないので、用意できる資金にプラスしたり、ちょっとしたリフォームを行う際に利用すると良いでしょう。

 

 

間取りの変更やスケルトンリフォームをする場合、リフォームにかかる費用はかなり高額になり、リフォームローンでは賄えないことがあります。

 

リフォームやリノベーションを行うために使えるローンの種類

 

そんな時には住宅ローンを利用してみてください。住宅ローンは住まいを購入する時だけ使えると思っている人が多いですが、実はリフォームでも利用可能です。

 

 

無担保型のリフォームローンと比べて借入額は500〜5000万円と高いので、ある程度大規模なリフォームの際でも安心でしょう。

 

 

またリフォームローンは借入限度額が少ない分、借入期間も10年程度と設定されていますが、住宅ローンは最長で35年の期間があります。

 

 

そのため長い目で返済できるため、経済的負担も軽くなるのです。ただこれだけ大きな金額を借り入れるのですから審査や条件は厳しく、場合によっては利用できないこともあります。

 

 

さらに抵当権の設定も必要になるなど、リフォームローンと比較して手続きが複雑です。リフォームやリノベーションは、工事内容によっては新築を建てるのと同じくらいの金額がかかることがあります。

 

 

どのようなリフォームやリノベーションを希望するかによって借入先も変わるため、ある程度プランを立ててからどちらのローンを利用するかを決めると良いでしょう。

 

 

リフォームやリノベーションを行うために使えるローンは、リフォームローンと住宅ローンの2種類があります。借入限度額や条件、審査内容が異なるため、リフォームやリノベーションの内容を考慮したうえで借入先を選択してみてください。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ