浴室 リフォーム

外壁のリフォームは定期的に・塗料や材質選びについて

外壁のリフォームは定期的に・塗料や材質選びについて

 

住まいの外壁は雨風に晒される部分のため、他の部分よりも劣化が早く、定期的な塗り替えが必要です。塗料や材質も様々で、それぞれ耐久性が異なります。

 

 

住まいの看板とも言える外装は、外観をキレイに見せる役割がありますが、一方で日差しや雨風を直接浴びるため、ひび割れや劣化が早い部分でもあります。

 

 

住まいを購入してからずっと手入れをしない状態でいると、ひび割れが悪化したり浸水による内部腐食を招いてしまうという事態にもなりかねません。逆に定期的なメンテナンスを行うことで、数十年単位で美しさを保つことも可能になります。

 

 

しかし長い時間滞在する居間や浴室の劣化には早く気付くのに対し、外装部分の劣化にはなかなか気付けないのが実状です。

 

 

実際に大きなひびが入ってから外装の劣化に気付く人が多く、定期的なチェックをする人は稀でしょう。そんな見落としがちな外装のチェックには目安があります。

 

 

環境や使われている塗装材料によって多少の誤差はありますが、基本的に住まいを購入して5年目で点検をし、10年目で塗装するのが良いとされているようです。このサイクルを守ることで、住宅トラブルを回避できるでしょう。

 

 

10年おきに外装をリフォームするのは大変という人も少なくありません。そんな時には耐久性の高い外壁材を使ってみてはいかがでしょうか。

 

外壁のリフォームは定期的に・塗料や材質選びについて

 

最近特に多いのが、親水性サイディングと呼ばれるものです。これは一般的なサイディングの上に、シリカやフッ素系のコーティングがしてあるサイディングになります。

 

 

このコーティングにより、静電気やクリーニング効果を発生させ、汚れが付着しにくくなるのです。また高温で焼き作られたタイルの外壁材も耐久性や対候性が非常に高く、メンテナンスフリーと言われています。

 

 

ただどちらも値段が高いため、費用対効果を考慮するとセラミックシリコンなどの材質が1番良いかもしれません。耐久性の高い塗料については、ゴムのように伸縮する弾性塗料がおすすめです。

 

 

これは古いモルタル壁に塗布されることが多く、モルタル自体にひびが生じても、弾性塗料が伸びるため表面にはひびを発生させないという特徴があります。

 

 

こういったものを使用することで、リフォームの回数も少なくなるため、家計を圧迫しなくて済むでしょう。外壁塗装は10年に1回の塗り替えが目安ですが、後悔をしないためにも入念な打ち合わせを行うことが大切です。

 

 

外壁のリフォームは、基本的に10年に1回のサイクルで行うのが好ましいでしょう。ただ耐久性の高い塗料や材料を使用することで、メンテナンスの時期を延ばすことが可能になります。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ