リフォーム,見積,比較

浴室のリフォームで最新ユニットバスやバリアフリーに

浴室のリフォームで最新ユニットバスやバリアフリーに

 

自宅の浴室をもっとくつろげる癒しの空間にしたいと思っていませんか?少しでも心当たりがあるなら最新のユニットバスにしたり、高齢者や子どもでも安全に過ごせるバリアフリーにしてみてはいかがでしょう。

 

 

浴室のリフォームには、ユニットバスをそっくり取り換える大規模なものから、給湯器の交換や劣化した給水管や排水管の補修などがあります。

 

 

せっかくリフォームをするのだから、最新のユニットバスにしてより居心地の良い空間にしたいと思っている人も多いでしょう。この時知っておきたいのが、お風呂にはユニットバスと在来工法の2種類が存在するということです。

 

 

ユニットバスは簡単にいうと壁や床、浴槽やシャワーなどが全てセットになったお風呂を指します。別名システムバスとも呼ばれ、デザインや機能は各メーカー様々なものが存在しています。

 

 

既製品であるユニットバスに対し、在来工法は床や壁などを1から作り上げ、浴槽や水栓金具なども1つずつ組み合わせて作るお風呂です。

 

 

最近は手間や時間のかかる在来工法よりも、お洒落で短時間で出来上がるユニットバスが主流となっています。

 

 

特に最新のユニットバスは追い焚き機能はもちろんのこと、浴室全体を自動洗浄してくれるものまであります。日々のお手入れがとても簡単になりますので、家庭を守る主婦にとても人気です。

 

浴室のリフォームで最新ユニットバスやバリアフリーに

 

高齢者や小さな子どもがいる家庭は、ユニットバスの交換と一緒にバリアフリーリフォームをしてみてはいかがでしょうか。浴室にできるバリアフリーリフォームは、出入り口と床や浴槽の素材、手すりの取り付けの3つです。

 

 

まずは出入り口の段差を解消することでつまずき防止ができるため、ケガのリスクを下げられます。濡れた足で段差を踏むとより危険なので、浴室の段差は2p以下にするのが好ましいでしょう。

 

 

同じように浴室の床や浴槽も大変滑りやすく、浴槽に頭をぶつけケガをする人は高齢者や子どもだけでなく、大人でもあることです。そのため滑りにくい床材にすることはもちろんのこと、浴槽の段差もなるべく低くして大きくまたぐことのないようにしてみましょう。

 

 

浴槽に入る時や洗い場での立ち座りをサポートしてくれる手すりは、浴室だけではなくあらゆる箇所に必要な設備です。もちろん握りやすいように滑りにくい素材を選ぶことが大切になります。

 

 

これ以外にもドアを引き戸にしたり浴室暖房乾燥機を付けるなど、バリアフリーにする方法はたくさんあります。どんな人でも快適に過ごせるように、予算と相談して検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

浴室のリフォームは、機能性やデザイン性の高いユニットバスを取り付ける他にも、段差を低くしたり手すりを取り付けるなど、その種類は多岐にわたります。ライフスタイルの変化に合わせて浴室の機能を変えることも検討してみてください。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ