一戸建て 家 リフォーム

外壁塗装の費用はどれくらいなの?見積する前に確認を

外壁塗装の費用はどれくらいなの?見積する前に確認を

 

定期的な外装リフォームは、住まいの寿命を延ばすことを可能にします。そこで気になるのが、リフォームにかかる費用ではないでしょうか。

 

 

外装リフォームとは、住まいの外装の状態に合わせて、塗り替えや張り替えなどの補修を行うことを言います。これを行うことで日光や雨風から住まいを守り、美しさを取り戻すことができるのです。

 

 

住宅の性能や美しさを保つことは、資産価値を高めるというメリットもあります。ただリフォームは安い買い物ではありません。そのため見積もりを依頼する前に、ある程度費用を把握しておくと良いでしょう。

 

 

外壁のリフォーム方法は、塗り替えと重ね張り、張り替えの3種類です。住まいの劣化の状態によってどの方法で改修するかが決まり、費用の目安は塗り替えが40〜70万円、重ね塗りが150万円〜、張り替えは200万円〜となっています。

 

 

外壁の塗り替えは最も手軽で費用の安いリフォーム方法です。モルタルやサイディングが劣化した時に行う、一般的な方法と捉えておくと良いでしょう。

 

 

基本的な費用は上記の通りとなりますが、坪数や塗料の種類によってはもっと高くなる可能性があります。最も安い塗料はアクリル製のもので、30坪の住宅でおおよそ40〜70万円になります。

 

 

一方高機能な光触媒塗料は、アクリル製の3倍ほどの費用がかかるでしょう。ただ高価な塗料ほど耐久性が高く長持ちすると言われているので、メンテナンスのスパンを長くしたい人は塗料のグレードを上げることをおすすめします。

 

外壁塗装の費用はどれくらいなの?見積する前に確認を

 

次に重ね張りについてですが、これは既にあるサイディングの上に金属サイディングを張る工法です。費用は塗り替えよりも高く、150万円〜を目安にしておくと良いでしょう。

 

 

ただ既存のサイディングを下地として新しいサイディングを張るため、劣化があまりに激しい状態では施工ができません。塗り替えの可否は素人目では判断し難いため、リフォームを依頼する業者に確認してもらう必要があります。

 

 

万が一建物の内部まで浸食が進んでいる場合は、外壁の張り替えをしなければなりません。張り替えリフォームは、建物を1度骨組みの状態まで戻し、新しく下地と外壁材を取り付ける方法です。

 

 

廃材の処理や下地の設置などを行うため、他の施工方法と比較して費用が高くなってしまいます。しかし内部のクリーニングもできますし、耐久性を向上させられるので、行って損はありません。

 

 

一口に外壁のリフォームといっても、その種類は様々です。住まいの状態をよく確認して、リフォーム方法を選択すると良いでしょう。

 

 

外壁塗装の費用は、塗り替え、重ね張り、張り替えの順に高くなっていきます。外壁の状態によって選択できるリフォーム方法が異なるため、選択の幅が広いうちにリフォームを検討するようにしましょう。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ