リフォーム 東京 補助金

フルリフォームとプチリフォームを比較・どんな違いがあるの?

フルリフォームとプチリフォームを比較・どんな違いがあるの?

 

リフォームの種類の中に、フルリフォームとプチリフォームというものがあります。この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

 

 

フルリフォームと聞くと、大規模な改修工事を行うものだろうと連想する人が多いはずです。リノベーションやスケルトンリフォームなど似たようなものもあるため、混同してしまうこともあります。

 

 

フルリフォームは、長年住み続けた住宅の全部分を修復することを目的として行われる工事のことです。対象になる箇所は住まい全室の内装や設備だけではなく、目に見えない部分の交換や修復なども含まれます。

 

 

そのため屋内の内装や設備を解体し、構造部分のみを残してから行うスケルトンリフォームは、フルリフォームの一種と考えて良いでしょう。フルリフォームを希望する人の多くは、断熱や防音、バリアフリー工事を含むリフォームを依頼しています。

 

 

特に断熱や防音改修は住宅の内装を剥がす必要のある工事になるため、改修自体がかなり大規模なものになるでしょう。これを怠ってしまうと、のちのち暑さや寒さ、騒音で悩まされる羽目になるかもしれません。

 

 

フルリフォームを行う機会は一生のうちに1〜2回ほどしかないと想定されるので、後悔を招かないためにも行っておきたいポイントを事前に押さえておくと良いです。

 

 

内装を全て取り換えるとなると、かなりの費用が必要になります。工務店に依頼した場合には中間マージンも発生するため、とくに多くの費用がかかるでしょう。

 

フルリフォームとプチリフォームを比較・どんな違いがあるの?

 

そこで住宅の内部機能を改修しなくても良いのであれば、プチリフォームを行うのがおすすめです。プチリフォームとは、大規模な改修工事は行わずに、必要な部分のみを取り換えたりプラスするリフォームになります。

 

 

住まいの一部を改修するため、工期も短く低予算で済むのが特徴です。また工事内容で最も多いのは、消耗品である水回りの設備の交換や入れ替えになります。

 

 

水回り設備の交換目安は20年前後とされているため、頃合いを見計らって交換や入れ替えを行うと良いでしょう。また一室を変えるだけでも住まいの雰囲気はガラリと変わります。

 

 

傷やシミの目立ったリビングのフローリングを張り替えたり、剥がれてしまったクロスをデザイン性の高いものに交換することで、部屋のイメージチェンジを図れるのです。

 

 

このように改修内容や予算によって、フルリフォームを行うのかプチリフォームを行うかが分かれるでしょう。

 

 

フルリフォームとプチリフォームは、改修規模や工期、費用などが大きく異なります。その他にも様々なリフォームがあるので、しっかりとリフォーム計画を立てた上で検討するのが望ましいでしょう。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ