リフォーム 広島 補助金

リフォームを東京で行う場合に受けられる補助金の制度

リフォームを東京で行う場合に受けられる補助金の制度

 

新築住宅を購入する時だけでなく、リフォームをする時にも補助金が出ます。東京ではリフォームに対してどのような補助金の制度を受けられるのでしょうか。

 

 

東京都で受けられるリフォームの補助金制度は、区によって様々です。そんな中ほとんどの区で実施されている補助金制度は、バリアフリー化リフォームに対するものになります。

 

 

バリアフリーリフォームのうち、手すりの取り付けや段差の解消は、1箇所につき約10万円〜30万円が相場です。これを補助金無しで行うとなると、かなりの費用を必要としてしまうでしょう。

 

 

しかし高齢になるとちょっとした段差でも障害を感じますし、小さなお子さんがいる家庭では思わぬケガを招くこともあります。バリアフリーリフォームは、より快適に生活するために必要なものであるため、介護保険による補助金制度が設けられています。

 

 

これはバリアフリーリフォーム補助金とも呼ばれており、対象になる人は介護認定で要支援または要介護1〜5と認定されていることが条件です。もちろんその人本人が居住する住宅にのみ適用されます。

 

 

制度の内容は、リフォームにかかる費用20万円を限度額とし、最大で18万円の補助がうけられるというものです。また工事箇所も限定されており、手すりの取り付けや段差の解消、和式トイレから洋式トイレへの入れ替えなどになっています。

 

リフォームを東京で行う場合に受けられる補助金の制度

 

詳しい内容については、各市町村の介護保険課に相談してみると良いでしょう。この補助金制度は介護認定を受けている人のみが対象ですが、もちろんそれ以外の人でも利用できる制度があります。

 

 

それは長期優良住宅化リフォーム推進事業です。この制度の対象は、基本的に耐震性強化や省エネ化のリフォームとなりますが、同時にバリアフリー化を行うことでリフォームにおける総費用を抑えられます。

 

 

東京都で利用できるリフォームの補助金制度は、バリアフリー化リフォームだけではありません。上記でもお伝えしましたが、省エネルギー化リフォームも補助金制度の対象です。

 

 

こちらも規定された予算の範囲内で、その費用の一部を補助してもらえるものになります。工事の内容としては、窓や床、天井などの断熱工事を行ったり、太陽光発電の設備を取り付けるなどが挙げられるでしょう。

 

 

自身の住まいをより良いものにするには、それなりの費用がかかりますが、補助金制度を利用することで金銭的負担を軽減できます。バリアフリー化や省エネ化のリフォームを検討している人は、ぜひ補助金制度を利用してみましょう。

 

 

東京でリフォームを行う際には、バリアフリー化や省エネルギー化リフォームに対する補助金制度が利用可能です。その他にも様々なものがあるので、自身に合ったものを探してみてください。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ