リフォームやリノベーションの費用に含まれる諸経費について

リフォームやリノベーションの費用に含まれる諸経費について

リフォームやリノベーションの費用に含まれる諸経費について

 

リフォームの見積書を手にしたことがある人は、工事費とは別に諸経費という項目を目にしたことがあるでしょう。しかしこの諸経費は具体的に何を指すのかを知らない人は少なくありません。

 

 

見積書の項目を見ていると、必ず1番下に諸経費という項目を目にします。他の項目は比較的細かく記載されているのにも関わらず、諸経費だけがひとまとめになっていて不安に思う人もいるでしょう。

 

 

この項目にはリフォームという業務性質上、欠かせないものが詰まっています。一般的に日常生活で必要になるものは、直接お店へ足を運び手に取って選択するでしょう。

 

 

一方リフォームの際は、自宅までリフォーム業者が来て建物の状態を確認したり、見積書や図面を作成してくれます。実際に工事をしてくれる職人の人件費以外に、裏では設計士や現場監督が動いているのです。

 

 

また会社を運営するための費用も確保しなければ、会社を経営することは不可能でしょう。その他にも細々とした経費が含まれていますが、それら1つ1つを拾い出して金額を出すのは時間と労力を消費します。

 

 

そのためリフォーム業者や工務店は、全体の工事費に対して10〜20%を掛け算して諸費用としているのです。つまり1つ1つに発生する費用をひとまとめにしたものが、諸経費ということになります。

 

 

では実際に諸経費の中には、どのような経費が含まれているのかを詳しく見ていきましょう。諸経費は別名一般管理費とも言われます。1番分かりやすいのは、営業マンや事務員、設計士などにかかる人件費ではないでしょうか。

 

リフォームやリノベーションの費用に含まれる諸経費について

 

見積書に記載されている人件費は工事を担当する職人に反映される費用なので、裏で働いてくれている人たちの費用ははっきりと書かず、諸経費として扱われます。

 

 

さらに現場まで足を運ぶためのガソリン代や駐車場代、運賃などの交通費であったり、雨天時の連絡や書類の郵送などの通信費もこの中に含まれているでしょう。

 

 

中には広告宣伝費や事務所保険料など、直接リフォーム工事に関係のないようなものも含まれていますが、これは会社を運営するための費用です。工事を円滑に進める、健全な運営をしていくためには様々な経費がかかります。

 

 

それを諸経費として見積書に記載しているか、商品や工事内容の項目に分けて記載しているかの違いと考えると分かりやすいでしょう。もちろん会社の規模が大きくなるほど諸経費も大きくなり、個人経営のような小規模な会社ほど小さくなります。

 

 

一見すると何のことを指すのか分からず、不安になり兼ねない諸経費ですが、その内訳を知ることで必要なものであることが理解できるでしょう。

 

 

見積書に記載されている諸経費とは、職人以外の人件費や会社を運営するための費用がひとまとめになった項目です。業者の選定の際には、この項目にも注目してみてください。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ