リフォームやリノベーションのための一時引越しに関する費用

リフォームやリノベーションのための一時引越しに関する費用

リフォームやリノベーションのための一時引越しに関する費用

 

自宅のリフォームの規模によっては、仮の住まいへ一時引っ越しをしなければなりません。この時の費用を知っておくことで、リフォーム計画をスムーズに行えるでしょう。

 

 

大規模なリフォームをする時には、仮住まいへの引っ越しと、リフォーム終了後に戻ってくるための引っ越しが必要となります。一般的には賃貸物件を仮住まいとすることが多いですが、ここで気になるのは敷金や礼金などの初期費用ではないでしょうか。

 

 

リフォームには大きな費用がかかるので、引っ越しにはあまり費用をかけたくないという人も少なくありません。そこで確認しておきたいのが、リフォーム業者と提携している不動産会社がないかという点です。

 

 

提携の不動産会社の物件を仮住まいにできれば、初期費用がかからないなどコストを抑えられる可能性があります。自身で賃貸住宅を探さなければならない場合は、リフォームのため短期間しか居住しないことを不動産会社に伝えましょう。

 

 

場合によっては初期費用がかからない物件や、比較的安価な物件を紹介してくれるかもしれません。また初期費用が不要のマンスリーマンションを仮住まいとする方法もあります。

 

 

家具や家電付きであれば荷解きも少なくて済むので、仮住まいとして最適です。ただし家賃が通常の物件よりも高めに設定されていることと、ファミリー向けではないことを忘れてはいけません。

 

 

仮住まいにかかる費用にばかり気持ちが移りがちになってしまいますが、引っ越しをする時には荷物を移動させる必要があります。リフォーム後に戻ってくる時のことも考えると、2回分の引っ越し料金が発生するのです。

 

リフォームやリノベーションのための一時引越しに関する費用

 

この時の料金は、荷物量×距離で算出されます。そのためなるべく荷物は少なく、自宅から近い距離のところへ引っ越すのが最善です。また繁忙期や曜日、対応時間によって割り増しされるので注意しましょう。

 

 

家族単位の料金相場としては、6〜12万円を目安にしてください。もしも仮住まいに家財が全て入れられない場合は、保管場所の確保もしなければなりません。

 

 

引っ越し業者によってはリフォームプランというものが設けられています。これは2回分の引っ越しと荷物の一時預かりがセットになったものです。

 

 

転居の度に引っ越し業者を手配したり、別途トランクルームを借りるよりもお得になるので、出費を抑えられます。業者によってはこのサービスを行っていないこともあるので、インターネットなどで事前に調べておくようにしましょう。

 

 

リフォームにおける引っ越しは、意外と費用のかかるものです。仮住まいや荷物の運搬に悩んだ際には、リフォーム業者に相談してみると良いでしょう。

 

 

リフォームの際には、仮住まいへの引っ越しとリフォーム後の2回の引っ越しがあります。賃貸物件の初期費用はなるべく抑えられるように、リフォーム業者や不動産会社に相談してみるのがベストです。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ