リフォーム 相場

マンションのリフォームを行う場合の費用はどれくらいなの?

マンションのリフォームを行う場合の費用はどれくらいなの?

 

中古マンションをリフォームする場合、2〜300万円で済むこともあれば、1000万円を超える場合もあるなど、費用に大きく差が出ることがあります。

 

 

これは中古マンションでできるリフォームの種類が関係しているので、まずはどのようなリフォームがあるのかを知っておく必要があるでしょう。

 

 

まず知っておきたいのは、マンションのリフォームにかかる費用は築年数と関係しているという点です。

 

 

例えば築20年以内の住まいであれば200万円前後、築20〜30年の物件であれば200〜400万円程度、築年数が40年以上となると800万円以上かかることが多いでしょう。

 

 

これは元々の物件の状態が関係しているためです。築年数があまり経っていない住まいでは、住宅トラブルといっても水回りの設備の劣化やクロスの汚れが目立つ程度になります。

 

 

そのため水回りの修繕やクロスの張り替えくらいしかリフォームをしない人が多いです。一方築年数がかなり経過している物件では、水回りだけではなく他の設備も劣化していたり、内装がボロボロになっていたりします。

 

 

この場合は内装を1から作り直すリフォームを行う必要があるかもしれません。このように築年数が経過することにより、リフォームの規模も大きくなるため、費用がかかってしまうということです。

 

 

では実際にリフォームの種類とその費用について見ていきましょう。まず水回りのリフォームには、ユニットバスやトイレ、システムキッチンの交換などがあります。さらに経年劣化に伴うクロスの張り替えも必要になるでしょう。

 

マンションのリフォームを行う場合の費用はどれくらいなの?

 

浴室の設備も一緒に変えることになると、洗面台や給湯器の交換もこの中に含まれます。これら水回りのリフォームにかかる総費用は、だいたい220万円〜270万円くらいと考えておけば間違いありません。

 

 

水回りだけではなく、和室を洋室に変えたりフローリングを変えるリフォームもあります。例えば畳をフローリングにしたり、押し入れをクローゼットにするリフォームがこれにあたるでしょう。

 

 

1室だけリフォームをするのではなく、同時に別の部屋の床も張り替えると新旧の差が少なくなります。水回りのリフォームを含む床張り替えなどのリフォームは、総費用にして約340万円〜420万円ほどかかるようです。

 

 

もっと大規模なマンションのリフォームとなると、内装を全て剥がしてから作り直すスケルトンリフォームがあります。配給管の交換もできる他、自分の好きなように間取りをアレンジできるのが魅力のリフォーム方法です。

 

 

一旦骨組みの状態にするため、費用は600万円〜960万円と、他のリフォームよりも高額になってしまいます。

 

 

ただ新築同様の状態になるため、あえて中古マンションを購入してスケルトンリフォームをする人も多いようです。以上が基本的なマンションのリフォームの種類とその費用になります。

 

 

マンションのリフォームにかかる費用は、築年数が経てば経つほど高額になりやすいです。またリフォームの種類によっても異なります。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ