リフォーム 業者

増改築でさらに住みやすいお家に?見積と費用について

増改築でさらに住みやすいお家に?見積と費用について

 

今ある住まいを壊すことなく、部屋を増やしたり平屋を2階建てにする増改築。気になる見積もりと費用についてチェックしていきましょう。

 

 

増築とは住宅の床面積を増やすことを言い、骨組みなどの構造から作り直す大規模な工事を指します。一方改築は建物の床面積を増やすことなく、間取りを変更する工事のことです。

 

 

増改築工事をどのような工法で行うかは、住まいが新築された時の工法により異なり、木造住宅や鉄骨住宅共に、元の工法と同じ方法で作るとスムーズに繋げられるでしょう。

 

 

また建て替えよりも費用が安いためコストを抑えられますし、居住したままの工事も可能です。ライフスタイルの変化に伴う増改築はとても人気がありますが、増築する床面積によっては、役所への届け出が必要になります。

 

 

具体的には10uを超える工事の場合に申請しなければならず、これを無視すると建築基準法違反にあたるため注意しましょう。もちろん申請を出せばいくらでも増築できるという訳ではありません。

 

 

今ある住まいに部屋をプラスするということは、少なからず耐久性が低くなる可能性があります。そのため自身のイメージする増改築が実現できるかどうか、あらかじめ不動産会社の担当やリフォームを依頼する業者に相談しましょう。

 

 

内容よっては新築と同じくらいコストがかかると言われている増改築。その費用は、主に増築する坪数により決まるのです。目安としては、おおよそ3坪増築する場合は300〜500万円程度の費用がかかり、坪数が10坪増えるたびに費用が倍増します。

 

増改築でさらに住みやすいお家に?見積と費用について

 

ただし増築する部屋の位置や既存の住まいの傷み具合によって、費用が変化するでしょう。例えばキッチンやトイレ、浴室を増やす際には、坪数の費用にプラスして給水管や排水管の設置工事の費用がかかります。

 

 

また住まいの増改築で最も費用がかかると言われているのが、平屋を2階建てにする工事です。一般的には2階建ての増築は、1階部分の増築のおおよそ2倍の費用がかかるとも言われています。

 

 

これは増築と一緒に1階部分の耐震や補強工事をしなければならないからです。さらに既存の屋根を一旦取り除き、2階部分の構造を組み立てるため、解体費用もプラスされています。

 

 

この費用の相場は400万円〜1000万円と幅広く、既存の住宅の状態や増築する面積により費用が変化するようです。定価が設定されていないリフォームは、自身で相場を調べることが難しいでしょう。

 

 

そこで住まいのどの部分を増改築するのかを明確にし、リフォームを任せる業者などに相談してみてください。一括見積もりサービスを利用すると、優良の業者から見積もりが届くため、増改築にかかる費用相場も分かります。

 

 

住まいの増改築にかかる費用は、坪数や今ある住まいの状態によって大きく変化します。そのため相場を知るためにも、様々な業者から見積もりを取り比較することが大切です。

 


タウンライフリフォーム


タウンライフ

 

タウンライフリフォームの特徴


【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!子どもの面倒をみながら提案内容を比較!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!

タウンライフリフォーム公式サイトへ

 


リショップナビ


リショップナビ

 

リショップナビの特徴


【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

リショップナビ公式サイトへ

 


リフォーム比較プロ


リフォーム比較

 

リフォーム比較プロの特徴


【全国でリフォームをお考えの方】お客様のご状況に合わせたお近くのプロの業者さんを「厳選して」3社、4社ご紹介いたします。複数社の提案や見積りを見比べてじっくりと検討していただけます。

リフォーム比較プロ公式サイトへ